会社 法 改正。 会社法改正が今年の株主総会にもたらす影響とは?

会社法

法 改正 会社

☘ 著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。

9

会社法改正が今年の株主総会にもたらす影響とは?

法 改正 会社

📞 書面交付請求をした株主に対して交付する書面(電子提供措置事項記載書面)に記載することを要しない事項に関する規定(同令95条の4)• 法務省令によって今後定められる事項としては、取締役の個人別の報酬等についての報酬等の種類ごとの比率に係る決定の方針、業績連動報酬等の有無及びその内容に係る決定の方針、取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定の方法(代表取締役に決定を再一任するかどうか等を含む。 (3)社外取締役の設置の義務化 公開会社で、大会社である監査役会設置会社であって、金融商品取引法第24条第1項の規定によりその発行株式の有価証券報告書を内閣総理大臣に提出する義務のある会社は、社外取締役の設置を義務付けられました(改正法327条の2)。 しかし、この方式については、個別の取締役の報酬額の決定過程の透明性に疑義があるほか、各取締役の役割や業績に見合った金額・内容の報酬が支給されているのかが株主にとって明確ではないという点が指摘されていました。

12

取締役の個人別の報酬等に係る決定方針~令和元年会社法改正への実務対応~|EY新日本有限責任監査法人

法 改正 会社

👏 2 親子会社に関する規律の整備に関する改正 (1)親会社株主の保護に関する規定 ア 多重代表訴訟制度 現行法では、株式会社の株主は、株式会社の子会社の取締役等に対して代表訴訟を提起することができませんが、持株会社等の企業集団においては子会社の企業価値は親会社の企業価値に大きな影響を与えることがあるという観点から、親会社株主が一定の要件のもとで、子会社の取締役等の責任を追求できることとされました。 イ 株式買取請求をした株主に対して、会社は、株式の価格の決定がされる前に、公正な価格と認める額を支払うことができることとされました(改正法786条5項)。 そのため、今回の改正会社法の適用により、2020年6月に行われる株主総会が直接的な影響を受けることはありません。

4

会社法改正が今年の株主総会にもたらす影響とは?

法 改正 会社

⚐ そこで、改正会社法は、業績連動型報酬の円滑な実施を期して、上場会社に限り、取締役の報酬等として募集株式や募集新株予約権を付与する場合には、金銭の払込み又は財産の給付を要しない旨の規定を新設しました(改正会社法第202条の2第1項第1号、改正会社法第236条第3項第1号)。 同部会では、様々なバックグラウンドを有する関係者が委員・幹事となり、各論点についての検討が行われました。

18

会社法の改正に伴う法務省関係政令及び会社法施行規則等の改正案のポイント|EY新日本有限責任監査法人

法 改正 会社

🌏 (4)内部統制システム(業務の適正を確保するための体制)の整備 現行法では、業務の適正を確保するための体制に関して、当該株式会社及び子会社からなる企業集団の業務の適正を確保するために必要な体制の整備については、法務省令に定められていましたが(現行法348条3項4号、施行規則98条1項5号)、改正法では、法律に規定されました(改正法348条3項4号)。

2

取締役の個人別の報酬等に係る決定方針~令和元年会社法改正への実務対応~|EY新日本有限責任監査法人

法 改正 会社

🤘 (2)会社補償に係る規律 上記の改正の経緯を踏まえ、会社補償と保険に係る規制が創設され、役員等と会社の間で、役員等が職務執行に関して法令違反が疑われる等、責任の追及に係る請求を受けたことで要する費用等を会社が補償する規定が創設されました(改正法430条の2第1項)。 なお、役員等が第三者からの責任の追及に係る請求を受けた場合、当該役員等に悪意または重大な過失が認められる恐れがあるときであっても、当該役員等が適切な防御活動を行うことができるように、これに要する防御費用を会社が負担することができるとされています(注)。

20

会社法改正が今年の株主総会にもたらす影響とは?

法 改正 会社

⚓ 以下「改正法」という。 補償することができない費用等 会社が、補償契約の定めに従い、役員等に対して費用等を補償することを何ら制限なしに認めてしまうと、役員等の職務執行の適正性が損なわれる恐れが生じます。 なお、以下で引用する法令の条番号は、改正会社法、改正整備法又は、特に断らない限り、本政省令改正案による改正後のものである。

15

「会社法の一部を改正する法律」等の公布

法 改正 会社

😭 (2)取締役等の報酬に関する規定の新設• 民法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律• 以下同様)が、その職務の執行に関し、法令の規定に違反したことが疑われ、または責任の追及に係る請求を受けたことに対処するために支出する費用(弁護士費用等のいわゆる防御費用)や、第三者に生じた損害を賠償する責任を負う場合における損失(いわゆる賠償金や和解金)の全部または一部を、会社が役員等に対して補償することをいいます。 (2)提案の個数制限 今回の改正により、 株主が会社法305条1項に基づき株主提案権を行使し、同一の株主総会に提案することができる議案の数は10個に制限されることとなりました(改正後の会社法305条4項)。 )325条の2)。