少納言よ、香炉峰の雪いかならむ 品詞分解。 枕草子清少納言

雪のいと高う降りたるを・枕草子 現代語訳・品詞分解ひと目でわかる

品詞分解 少納言よ、香炉峰の雪いかならむ

🙏 「べけれ」は已然形だが、これは「ど」を受けてのものである。 」と言ふ。 「強調」の意味があるが訳す際には無視してもよい いみじき=シク活用の形容詞「いみじ」の連体形。

20

助動詞「む(ん)」の識別の解説

品詞分解 少納言よ、香炉峰の雪いかならむ

✌ 人々も 「そういうことは知っており、歌などにまで詠うけれど、おもいつきもしなかった。

枕草子清少納言

品詞分解 少納言よ、香炉峰の雪いかならむ

😒 動作の主体である隆家を敬っている 中納言(隆家)が参上なさって、御扇を(中宮定子に)差し上げなさるときに、 「隆家 こそ いみじき 骨は 得て はべれ。

枕草子雪のいと高う降りたるを299段品詞分解

品詞分解 少納言よ、香炉峰の雪いかならむ

♻ 動作の対象(参られる人)である中宮定子を敬っている たまふ=補助動詞ハ行四段、尊敬語。

4

高校一年の古典です。

品詞分解 少納言よ、香炉峰の雪いかならむ

🤜 1 炭櫃 2 物語 3 仰す 4 さること 三 「 」が誰の言葉か記し、*と傍線部1~10の問に答えよ。

1

枕草子清少納言

品詞分解 少納言よ、香炉峰の雪いかならむ

💖 主語=君(文中には書いていない) このような命令文。

18

枕草子清少納言

品詞分解 少納言よ、香炉峰の雪いかならむ

😈 まことに かばかり のは 見え ざり つ。 」と言ってお笑いになる。

9

助動詞「む(ん)」の識別の解説

品詞分解 少納言よ、香炉峰の雪いかならむ

💅 上記の「せ」と合わせて二重敬語であり、中宮定子を敬っている。 ここでは、作者(清少納言)が御格子のそばにいた女房に御格子を上げさせたということである。

7