日本 入国 拒否 国。 (本邦入国/帰国の際に必要な手続・書類等について)(入国拒否対象地域に指定されている国・地域(感染症危険情報レベル3))|外務省

欧州全域からの入国制限へ 日本政府、入国拒否も拡大 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

拒否 国 入国 日本

☣ アフリカ: 赤道ギニア、サントメプリンシペ、カボベルデ、ガボン、ギニアビサウ 5月27日に入国禁止リストに追加された国— 11か国• 検査証明は紙媒体で発行されたもの(原本)に加え、電子メール等で送付されたもの(写し)でも受付可能ですが、入国時の提出は紙媒体となりますので、必ず紙に印刷の上お持ちください。 6月29日の規則の明確化では、上記のステータスを保持している外国人の場合、入国管理機関が再入国許可の特別な状況を、再入国許可のある日本からの出国日と出国後に滞在した国に基づいて決定することを定めています。 ) 【その他必要事項】• セネガル• 10月1日からは、ビジネス目的の滞在者に加え、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者についても、受け入れを再開しています。

11

【入国制限まとめ】11/29更新:中国との間でビジネス往来スキーム開始へ/日本・世界のコロナ対策渡航制限

拒否 国 入国 日本

😭 他の国・地域の措置については• アフリカ:アルジェリア、エスワティーニ、カメルーン、セネガル、中央アフリカ、モーリタニア. 【必要書類】• これについては、以下の例外のセクションで説明します。 北米: メキシコ• 以下では、9月1日時点で入国拒否されている国と地域を列挙する。

入国後の14日間待機 短期出張や日本居住外国人 条件付きで免除

拒否 国 入国 日本

☎ 対象者は、企業の受入れ責任者に入国後14日間毎日、健康状態の報告を行ってください。

5

日本が入国拒否を適用する国と地域が159に

拒否 国 入国 日本

⚓ (10)タイ国籍を保持しない者で,タイ国内で医療を受ける必要のある者および付き添いの者。 日本はいくつかの選ばれた国と地域に対してを働きかけ、在留資格のある外国人への入国制限も緩和してきたが、日本発着の海外旅行は依然として制限されたままだ。

14

(本邦入国/帰国の際に必要な手続・書類等について)(入国拒否対象地域に指定されている国・地域(感染症危険情報レベル3))|外務省

拒否 国 入国 日本

⚠ 豪、韓国、中国など入国拒否指定解除、原則検査不必要に 感染症危険情報をレベル3からレベル2に引き下げた豪州、シンガポール、タイ、韓国、中国 香港及びマカオを含む 、ニュージーランド、ブルネイ、ベトナム、台湾を、入管法に基づいて入国拒否を行う指定地域から解除した。 アフリカ:アルジェリア、ボツワナ、カーボベルデ、カメルーン、中央アフリカ、コートジボワール、コモロ、コンゴ民主共和国、ジブチ、エジプト、赤道ギニア、エチオピア、エスワティニ、ガボン、ガンビア、ガーナ、ギニア、ギニアビサウ、ケニア、レソト、リベリア、リビア、マダガスカル、マラウイ、モーリタニア、モーリシャス、モロッコ、ナミビア、ナイジェリア、コンゴ共和国、ルワンダ、サントメ・プリンシペ、セネガル、シエラレオネ、ソマリア、南アフリカ、南スーダン、スーダン、チュニジア、ザンビア、ジンバブエ。

3

新型コロナウイルス 各国の入国制限に関する一覧(2020年12月03日09:00時点)

拒否 国 入国 日本

⚛ Cook Islands ・ Independent State of Samoa 【入国制限】 ・ Solomon Islands 感染者(17) 死亡者(0) ・ French Polynesia 感染者(13,286) 死亡者(68) ・ 全ての非居住者は入域不可(2020年3月19日~) Tuvalu ・ ・ Kingdom of Tonga ・ Republic of Nauru ・ ・ ニウエ Niue 【入国制限】 ・ 【検疫】 ・ New Caledonia 感染者(32) 死亡者(0) 【入国制限】 ・ 【航空会社の運航状況】 ・ New Zealand 感染者(1,683) 死亡者(25) 【入国制限】 ・ ・ ・ 【検疫】 ・ Republic of Vanuatu 感染者(1) 死亡者(0) ・ Papua New Guinea 感染者(604) 死亡者(7) ・ Republic of Palau 【航空会社の運航状況】 ・ 【検疫】 ・ (1)パラオに入国するすべての者は、それぞれの出発地にて、パラオへの出発前に少なくとも10日間の自主検疫措置を実施しなければならない。 ベトナム ベトナムは、3月18日から入国する者に対するビザ発給を停止しており、ビザ免除の者、その他特別な場合については、入国時に新型コロナウイルス感染症が陽性でないことを証明する証明書が必要となっています。

10

【外国人向け】日本への入国禁止国リスト一覧・総まとめ

拒否 国 入国 日本

👎 基本方針 原則として、入国許可申請から14日以内に下記の国・地域に滞在した外国人は、原則として入国を拒否されます。 (2)全ての地域からの入国者に対し、当分の間、検疫所長の指定する場所で14日間待機し、国内において公共交通機関を使用しないよう要請しています。

20

【速報】11月1日から日本に入国できる対象国は?

拒否 国 入国 日本

☭ しかし9月28日からは、ビジネス・家族訪問などを目的とし、有効な居留許可を有する外国人の入国を許可するということです。 4月3日以降に対象人数が大幅に増えたことで、空港に飛行機が到着しても、順番が来るまで機内待機になっており、降機するまでに数時間を要することも珍しくない。 連絡の取れない番号、海外の番号を記入された場合は不備があるとみなされ査証申請時や空港検疫で受理されない可能性がありますのでご留意ください。

入国後の14日間待機 短期出張や日本居住外国人 条件付きで免除

拒否 国 入国 日本

😭 「質問票」(帰国便の機内において全乗客に配布されます。 8メートルほど距離をとることが求められる (8月5日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (4月3日から)ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) イギリス 〇 いつ入国したか、どの国に渡航していたかに関係なく、新規に発症した継続的な咳や高熱が見られる場合は、原則として7日間は自宅等で待機 (3月13日から) 入国前にインターネット上で滞在情報を登録し、入国後は14日間自宅等で待機 (6月8日から)日本を含む免除リストに掲げられた国・地域からの入国者について、入国後の自己隔離を免除 入国前の滞在情報登録は引き続き必要 (7月10日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (4月3日から)ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) ドイツ 〇 EU、EFTA、シェンゲン協定国及び英国以外の出身者のEUへの入域を原則禁止。