蜻蛉 日記 うつろ ひたる 菊。 「蜻蛉日記:なげきつつひとり寝る夜・うつろひたる菊」の現代語訳(口語訳)

『蜻蛉日記』「うつろひたる菊」の現代語訳と重要な品詞の解説1

日記 うつろ 菊 蜻蛉 ひたる

😇 さなめりと思ふに、うくてあけさせねば、例の家とおぼしきところに ものしたり。 この後3日連続で帰ってこなかったので結婚したものを思われる。

20

蜻蛉日記「うつろひたる菊」

日記 うつろ 菊 蜻蛉 ひたる

👇 」と言って、もどって来た。

9

蜻蛉日記うつろひたる菊で、「『内裏に。』など言いつつあるべきを、」と言...

日記 うつろ 菊 蜻蛉 ひたる

🚒 浮気ばっかりしないで、ちゃんと私のところに通いなさいよっっ! 」とて出づるに、心得で、人をつけて見すれば、「町の小路 こうぢなるそこそこになむ、とまり給 たまひぬる。 藤原道綱母の場合も、実家の権力から考えると時姫にはかないません。 ほど 名詞 に」 格助詞 など 副助詞 気色 名詞 315の113番 「気色あり」で思わせぶりなことを言うという意味。

5分でわかる蜻蛉日記!概要、あらすじ、冒頭、和歌などわかりやすく解説

日記 うつろ 菊 蜻蛉 ひたる

💕 本当に本当に(あなたが言うとおり冬の夜はなかなか明けずつらいものだけれど)、冬の夜ではない槇の戸を、なかなか開けてもらえないのもつらいことでしたよ。 に 格助詞、 三夜 名詞 当時、男女が結婚する際には、三晩続けて女のもとに男が通う習慣だったので、筆者は自分が道綱を産んですぐによその女に3日連続で通う意味を察して衝撃を受けたと考えられる。 」と言って出ていくので、不審に思って、召し使いにあとをつけさせて(様子を)見させると、「町の小路にあるどこそこの家に、(車を)お停めになりました。

9

蜻蛉日記 「うつろひたる菊」解説

日記 うつろ 菊 蜻蛉 ひたる

✌ 意味は「なるほど」。 意味は「ますます」。

3

蜻蛉日記「町小路の女/うつろひたる菊」 解答用紙(プリントアウト用)

日記 うつろ 菊 蜻蛉 ひたる

😃 などと思っているうちに、案の定、十月の末頃に、三夜続けて(兼家の)姿の見えない時がある。

3

蜻蛉日記『嘆きつつひとり寝る夜・うつろひたる菊』 現代語訳

日記 うつろ 菊 蜻蛉 ひたる

☣ 夫兼家は悪びれる様子もないので、筆者はますますムカついてます。

9