ランド オブ リバティ。 ランドオブリバティ強すぎワロタ

ランドオブリバティ強すぎワロタ

リバティ ランド オブ

🔥 芙蓉Sを勝ったランドオブリバティは、父ディープインパクト、母ドバウィハイツ、母の父ドバウィという血統で、GII・フィリーズレビューを勝ったリバティハイツ(父キングカメハメハ)の半弟にあたる。 タイムは2分01秒2(良)。

12

ランドオブリバティー強すぎワロタ

リバティ ランド オブ

👣 レース前半は他馬を離し気味に逃げたウイングリュックだったが、中盤でペースを緩めて1000mの通過タイムは1. 通算成績は2戦2勝。 デビュー戦のレベルが相当高かったのではないでしょうか」(競馬記者) 芙蓉Sで3、4着に敗れたヴェローチェオロ、ヴィゴーレは、ともに札幌2歳S(G3)に出走していた馬。

ランドオブリバティ

リバティ ランド オブ

🤞 負担なく勝てていい内容でした」. 新馬戦1着メイショウイチヒメ(牝=飯田祐)はファンタジーS(11・7、阪神)。 「早め先頭に立つ形になりました」と鞍上が話すように、直線入り口では早くも先頭に立つ事になった。

JRAランドオブリバティ圧巻の2連勝! 社台ファーム吉田照哉代表「今年のディープインパクト産駒の男馬では一番」来年クラシックの大本命に浮上!

リバティ ランド オブ

🚀 「強かったですね。 net 体固く見えるか?この馬の特徴的なのは後肢の運び方だよ。 net 社台(とサンデー)の一口やってるんだが 半弟結構満口にならなくて残ってたんだよね。

2

ランドオブリバティ

リバティ ランド オブ

👊 未勝利戦1着ミルウ(牝=友道)は岩田望で同レースへ。 新馬戦1着クインズラベンダー(牝=西村)は黄菊賞(11・15、阪神)。 8とスローペース。

3

ランドオブリバティ強すぎワロタ

リバティ ランド オブ

☝3馬身半差の2着にはアランデル(2番人気)、さらにクビ差遅れた3着にヴェローチェオロ(4番人気)が入線した。

20