フィット ハイブリッド 中古。 フィットハイブリッドの中古買うなら【7速DCTの故障】に注意!?

フィットハイブリッドの中古買うなら【7速DCTの故障】に注意!?

ハイブリッド 中古 フィット

☝ サンルーフ• ポータブルナビ• リフトアップ• 2013年~2014年式の流通台数は増加しているものの、平均価格は約71万円付近で足踏み。

18

人気「フィット」の中古車事情が魅力的! 現行型もいいけど先代型も注目!!

ハイブリッド 中古 フィット

🤚 続いて多いのがガソリン車の「ホーム」で約62台。

人気「フィット」の中古車事情が魅力的! 現行型もいいけど先代型も注目!!

ハイブリッド 中古 フィット

🔥 SUVライクなスタイルで人気の「クロスター」は、ガソリン車の流通台数は約33台、ハイブリッド車は約26台。

14

フィットハイブリッド Sパッケージ(ホンダ)の中古車

ハイブリッド 中古 フィット

😄 価格帯は約110万~約230万円だ。 3 13G Fパッケージ コンフォートエディション 4WD• ETC2. TV フルセグ• 方法はとても簡単 で インターネットの無料一括査定を利用するだけです。

8

フィットハイブリッド(ホンダ)の中古車

ハイブリッド 中古 フィット

☎ ミュージックサーバー• それはあなた次第です・・・! 下取り価格が高ければ 毎月のローンを1万も2万も 安くするのも夢じゃありませんし、 お目当てのフィットハイブリッドの 購入予定を前倒しすることだって 出来ちゃいますしね^^ まずはあなたも愛車の価値、 確認してみてはいかがでしょうか!? 愛車を一括査定に依頼してみる. 3 13G Fパッケージ ファインエディション 4WD• 登場してから3年が経過している中古車でも、搭載されているホンダセンシングは新型とそれほど見劣りしない性能を誇っている。 グレード名 中古車価格 新車価格 燃費 排気量 シフト 駆動方式 定員 ドア数 9~ 174. 柴犬をイメージしたというフロントマスクは親しみ感を重視した 未使用車でも、150万円以下のプライスが付いているクルマ多く流通しているので、新車購入を考えている人は選択肢に加えてみるものアリだ。 ETC• ドライブレコーダー• 日本ではこのフィット3に 初めて採用され話題となった 7速DCTですが、 DCTミッションの制御に問題があり 1速にギアが入りづらく発進が できなくなってしまったり、 坂道で下がっていってしまったり、 急にギアが入って急発進したり といった不具合・トラブルがあり H25年7月~26年2月に 生産されたフィットハイブリッドの 約7万台に リコールが発令!! リコールの改善処置としては、 ・DCTミッションを良品に交換 といった大がかりな 改善策がとられています! フィットハイブリッド 中古の注意点 このDCTミッションのリコール、 あなたが狙っている フィットハイブリッドの中古が リコール対象期間の生産車なら 特に注意したいポイントです。

6

フィットハイブリッドの中古買うなら【7速DCTの故障】に注意!?

ハイブリッド 中古 フィット

😃 この車両の2012年5月発売モデルには、「大人かわいい フィット」を開発コンセプトとし、ピンクのインテリアが採用された女性向けのグレード「ハイブリッド・シーズ」が用意されています。 5L 直4に2つのモーターを組み合わせたハイブリッド「e:HEV」が用意された。

フィットハイブリッド(ホンダ)の中古車

ハイブリッド 中古 フィット

😭 スマートキー• LEDヘッドランプ• 3G L ホンダセンシング」との価格差が縮まっており、旧型フィットを狙うのであれば、割安感の高いハイブリッドということになる。 そのほか、このクルマの特別仕様車については、2011年10月発売モデルにラインナップされている「フィット」発売10周年を記念して専用インテリアが採用された「ハイブリッド・10thアニバーサリー」や、2012年10月発売モデルにラインナップされている「ハイブリッド・スマートセレクション ファインスタイル」や、2018年5月発売モデルにラインナップされている「ハイブリッド・F特別仕様車コンフォートエディション」などがあります。 これは流通している中古車の3分の1が走行距離500km以下の未使用中古車と呼ばれているクルマ。

7

人気「フィット」の中古車事情が魅力的! 現行型もいいけど先代型も注目!!

ハイブリッド 中古 フィット

👊HID(キセノンライト)• 電動格納サードシート 外装• エリアから探す - フィットハイブリッド ホンダ の中古車. 2018年7月には純正アフターパーツを手がけるホンダアクセスが開発したコンプリートカーの「モデューロスタイル」を設定した。 シンプルで自分らしさを表現する「ベーシック」、生活になじむデザインと快適性を備えた「ホーム」、アクティブに過ごしたいユーザーのための「ネス」、エンジョイライフに応える「クロスター」、洗練と上質を兼ね備えた「リュクス」だ。